契約について

当社ではFAおよび仲介のどちらの形態でも対応が可能となっております。

1.買収先の候補がすでに決まっている場合

買収先の候補企業様が当社とアドバイザリー契約を締結している場合は、仲介(双方のアドバイザー)となります。

その際には、売り手企業様へご確認した上で了解が得られましたら、契約が可能です。

一度ご相談ください。

買収先の候補企業様と当社に何も関係が無い場合は、もちろん契約は可能です。

2.買収先の候補は無いが希望がある場合

バトンズへ買い手企業として登録が可能です。

また、買収先の候補企業が見つかった場合に、交渉の窓口として当社がお客様に代わり対応いたします。

企業調査の必要性

中小M&Aの世界ではよく企業調査を省略して進む場合があります。

その場合、買収後に発覚した様々なリスクや問題による訴訟・賠償問題に発展するケースが大変多くなっています。

また、大企業と違いIR等公開資料が少ない企業では、買収判断の材料がなく判断しようがない、といったケースも多く見受けられます。

当社はバトンズが設定しているバトンズDD(デューデリジェンス)を推薦しております。

様々なリスクを伴う可能性を調査し、買収後の問題発生を減らします。