システム改修不要の効率化ソフト「BizFront」でできること

BizFrontはシステム改修不評でシステム入力を簡略化・正確化できる画期的な効率アップツールです。

BizFrontには大きく分けて二つの機能があります。

1.アノテーション(注釈表示)

2.機能拡張UI

アノテーション(注釈表示)

通常のシステムのテキストボックスなどはタイトルとボックスだけが存在し、

  • 入れ方のルールがわからない(全角・半角・文字数・-の要不要など)
  • 必須か任意かわからない(入力できる内容が無い場合に飛ばせるかどうかわからない)

といった問題があり、入力者が戸惑ったり、入力者ごとに内容に違いが出てきます。

例えば、会員情報や顧客情報を入力するページで、

  • 郵便番号にハイフンを入れたものと入れないもの(ひどい場合は3桁だけなど)
  • 郵便番号が全角と半角
  • 住所の県名を省略している人と省略しない人
  • ビル名を住所番地の後に入れる人と住所2など別に入力する人
  • 住所1と住所2など入力欄が分かれている場合、住所1に市や区まで入れる人と番地まで入力する人
  • 住所の数字が全角と半角
  • 苗字と名前の間にスペースを入れる人と入れない人、さらにスペースが半角の人と全角の人
  • 電話番号の位置(電話番号と携帯番号の入力欄がある場合に固定電話が無い場合、携帯番号を電話番号欄に入れる人と携帯番号欄に入れる人など)
  • 電話番号のハイフンを入れたものと入れないもの

など、多くの違いが出てその後リストを活用した案内状送付などでリスト整理という手間が発生してしまいます。

アノテーションは入力画面に付箋のように注意事項を表示することができます。

アノテーション(注釈表示)でできること

①③メッセージ(ハイパーリンク)表示 入力のルール、次のアクションなど誘導、入力内容をリスト表示、参照先のリンク表示など

②マスキング ボタンの上にかぶせるテキストボックス(覆われているボタンは押せない、あるアクション後外れるように設定可能)

④注意喚起 入力内容に応じて注意を表示(上記例では「なし」を選んだ場合に別のチェックも入れると表示される)

拡張UI

拡張UIはアノテーションの進化版です。

メッセージ表示や操作の制限だけではなく、入力欄ごとに入力をしやすくすることができます。

拡張UIでできること

①入力チェック 入力ルールを設定し、その設定に合わないものに対してエラーを返し、再入力を促します。

②ラジオボタン・プルダウン テキスト入力ではなく選択式にすることで間違いを防ぎ、入力時間を短縮できます。

③メール送信 入力途中や入力した内容の記録のために入力内容をメール本文に記載されます。

④外部API連携 郵便番号から住所を自動で入力、など外部のDBと連携して入力アシストをすることができます。

⑤CSV連携 CSVをインポートできないシステムにCSVインポート機能を付けます。


BizFrontへのお問い合わせはBPRサービスまでお気軽にご相談ください。

メール okabe@bpr-s.jp  電話 048-700-7020 <担当:岡部>

次の記事

BizFrontの活用と予算感