事業再構築補助金

事業再構築補助金というものが令和3年からスタートします。

この補助金はその名の通り、

事業を再構築するための補助金

です。

まさしくBPRのためにあるような補助金ですが、これは『事業』を再構築することがポイントです。

事業再構築補助金概要

申請者は、中小企業・中小企業卒業枠・中堅企業・中堅企業グローバルV字回復枠・緊急事態宣言特別枠の5種類に分けられたカテゴリーに該当する枠で申請します。

補助額や補助率は枠によって違います。


中小企業通常枠

申請前の直近6か月間のうち、任意の3か月の合計売上高が、コロナ以前(2019年又は2020年1~3月)の同3か月の合計売上高と比較して10%以上減少している企業

補助額 100万円~6,000万円   補助率2/3

中小企業卒業枠

400社限定。事業計画期間内に、①組織再編、②新規設備投資、③グローバル展開のいずれかにより、資本金又は従業員を増やし、中小企業から中堅企業へ成長する事業者向けの特別枠。

補助額 6,000万円超~1億円   補助率2/3

中堅企業通常枠

中小企業の範囲に入らない会社のうち、資本金10億円未満の会社(調整中)

補助額 100万円~8,000万円   補助率1/2(4,000万円超は1/3)

中堅企業グローバルV字回復枠

100社限定。以下の要件を全て満たす中堅企業向けの特別枠。

①直前6か月間のうち任意の3か月の合計売上高がコロナ以前の同3か月の合計売上高と比較して、15%以上減少している中堅企業。

②補助事業終了後3~5年で付加価値額又は従業員一人当たり付加価値額の年率5.0%以上増加を達成を見込む事業計画を策定すること。

③グローバル展開を果たす事業であること。

補助額 8,000万円超~1億円   補助率1/2

緊急事態宣言特別枠

緊急事態宣言により深刻な影響を受け、早期の事業再構築が必要な中小企業等については、「通常枠」で加点措置により採択率アップ。

更に、これらの事業者向けに「緊急事態宣言特別枠」を設け、補助率を引き上げ。

対象は、通常枠の申請要件を満たし、かつ、緊急事態宣言に伴う飲食店の時短営業や不要不急の外出・移動の自粛等により影響を受けたことにより、令和3年1~3月のいずれかの月の売上高が対前年または前々年の同月比で30%以上減少している事業者

補助額 100万円~1500万円(従業員数による)   補助率 中小企業3/4、中堅企業2/3

特徴

この補助金は、額が大きく、用途・要件が広いため様々な企業に該当する可能性があります。

ですが、あくまで「事業再構築」です。

現状の事業とほとんどかわらない、商品バリエーションが若干増える、といった内容では通りません。

事業を変革・開発して新しいチャレンジをされる企業に向けた補助金です。

この補助金に関してのご相談は、

  BPRサービス 担当:岡部

までご連絡ください。

前の記事

BPRにふさわしい補助金

次の記事

事業再構築補助金 続報