勤怠管理~生体認証

セキュリティ強度を上げた認証方法で勤怠管理を行うのが生体認証です。

最近では指紋認証や静脈認証などがあります。これも複製がしづらいので不正防止という点ではICカードより高いでしょう。

その分、リーダーのコストも跳ね上がります。

日立製作所 PC-KCA110

1台3万円ほどしますので、よほどセキュリティ強度が求められる場合にのみ検討されてはと思います。

オペレーション的にもカードによる読み取りに比べるとだいぶ効率は落ちます。

前の記事

勤怠管理~ICカードリーダー

次の記事

勤怠管理~顔認証