BPR事例 経理編2

銀行の入出金を確認するのに通帳を記帳して会計ソフトへ入力されているところもあるのではないでしょうか?

一つの振込で実際の金額と振込手数料とで2行ずつ追加していくのも大変ですよね。

今ではネットバンキングを導入されている企業も増えていますが、それでもWEB画面で確認しながら会計ソフトへ記帳しているところもあるのではないでしょうか?

クラウド会計ソフトでは銀行口座と同期機能があります。

会計ソフトに請求項目を入れておけば、銀行に入金があったときに自動で消込作業が行われます。

予測ができなかったものに関しては確認もしてくれるので勝手に登録される心配もありません。

<画像はfreeeの画面です。ヘルプデスクより参照。>

前の記事

BPR事例 経理編1

次の記事

BPR事例 営業編1